スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

六三四の剣2013-02-16(Sat)

2/16 今日は剣道の稽古はお休みです。

木曜と金曜の稽古も太郎が咽喉が痛いというので、太郎一人を残して良太とパパとで稽古に出るわけにもいかずお休みでした。ちょっと位咽喉が痛い位で稽古を休むのもどうかと思うのだけれど、親の仕事も今忙しいし、下手に風邪をこじらせてしまうのも怖い。かといって、稽古を休んでいるのにゲームをして良いということにもならないよねというパパの思考を感じているのか、太郎からはゲームをしたいと言ってはきませんでした。(良太はやらせてもらえずブーブー言ってましたけど)

そんな太郎、思い出したかのように『六三四の剣』を読んでいます。



自分がやっているスポーツを題材とした漫画って面白いよね~。剣道といえば、やっぱり『六三四の剣』。バイブルだよね~。何回読んでも飽きません。原作者の村上もとかは、その後『Jin -仁―』も大ヒットさせましたが、『仁』も面白かったですね。太郎もドラマをDVDで観ていましたから、『六三四の剣』を描いた人と同じだよと言うと驚いていましたっけ。

IMGP547310.jpg
スポンサーサイト

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:何気ない日常の写真

Comments(2) | Trackback(0) | PENTAX K20D smc PENTAX 1:1.2 50mm

Comment

六三四の剣、懐かしい〜。
ボクも読んでましたね。剣道はやってませんが。
村上もとかは好きな漫画家で、ボクは『赤いペガサス』『風を抜け』がお気に入りでした。

2013-02-17 00:01 | URL | detaro [ 編集]

detaroさん、ボク逆にその2作品は読んでないんです。お恥ずかしい。『六三四の剣』は、剣道を習っている子供のお母さん方も結構読んでいるようで、先日も稽古の終わりを待っている間に『六三四の剣』談議に花が咲きました。村上もとかの画は丁寧な印象が強いですよね。剣道の防具やその中の人物の表情など細かい作業なんだろうなと読みながら感心したことを思い出します。

2013-02-17 22:51 | URL | [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://tarokun0721.blog85.fc2.com/tb.php/492-d0d876d8


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。